+9999-9999999 example@gmail.com

安いものから高いものまで印鑑の色々な種類の紹介

日本では自分の身分を証明するために署名ではなく印鑑を使います。一度作った印鑑は壊れない限り長い間使うことになります。ほとんどの場合、一生使うことになるはずです。そのため、変形しないことや欠けたりしないことが重要な条件となります。その条件は使われる材質によって異なります。昔から使われているものとしてよく目にするのが硬度の高い木材や動物の角や牙などです。いくら硬くても朱肉の馴染みが悪ければ印鑑の本来の目的を果たしません。印鑑の印の部分が適度に細かな空洞があるものが好まれます。ただし、素材の入手の困難さや加工のしにくさなどによって高い、安いが変わってきます。使う目的によってどの程度の印鑑が必要なのかを考えて、自分に合ったものを選ぶのがいいでしょう。

安いものは加工がしやすく入手しやすい

格安で売られている印鑑の素材は白ラクトと呼ばれるアクリル樹脂のものがほとんどです。加工も人の手によるものではなく機械で削ります。一度押せば終わるような認印として使う分には問題ありませんが、銀行印や実印には向きません。ある程度の品質が必要な条件であれば薩摩本柘や北方寒冷地で生息している真樺を使った人工の木製印として多く使われています。木目のデザインが高級感を感じさせます。この素材でも銀行印であれば問題なく使える範囲です。次に安い素材として流通しているのが水牛です。男性向けの重量感がある黒水牛や女性向けの淡い乳白色のオランダ水牛があります。動物由来の素材としては最も安い部類になります。オランダ水牛の場合はそれぞれ角の模様によって金額が変わってきます。白が多い方が基本的には高くなります。

高い印鑑の理由は希少さや高硬度

近年になって高硬度の素材で軽いことから人気が出ているのがチタニウムという金属を使ったものです。耐摩耗性が高いことから医療機器としても利用されています。朱肉のつき方も適当で、素材の軽さから人気があります。昔から高級印鑑として有名な素材は、象牙です。ワシントン条約により国際取引が禁止されているため入手が困難です。そのためかなりの高価になります。印鑑の素材としては、朱肉のつき方から耐摩耗性の高い硬さまで最適な条件が整っています。象牙の中でも切り出す位置によって金額が変わってきます。根元の方から取るものを本象牙と言います。象牙の中では安い部類になります。最高級は先端に近く、中心から切り出される縦芯持ちと呼ばれるものです。印鑑の中心と牙の中心が一致しているものになります。

高耐久性、男女関わらず高人気度のチタン印鑑を業界内で激安価格で販売しております。 オーダーメイド作成で世界にひとつの印鑑をご提供致します。 熟練した職人がご満足できる印鑑を貴方様にお届け! 女性に人気のしゃれな和ざいく印鑑もお安くご用意! 当社は印材の卸屋として、印材を低価格で大量仕入れことができます、厳選の高品質印材のみご提供致します。 イチオシ商品は印鑑ケース付きでご提供致します! 印鑑が安い!はんこプレミアムなら種類も豊富にご用意


Scroll to Top