安いものから高いものまで印鑑の種類ごとのおおよそのお値段

どのようなものでも使用している材料や大きさなどが違えば、値段もまた違ってくるものであり、印鑑も同じように値段に変化があるものになります。印鑑といっても実印や認印など重要度に大きな違いがあり、名前を彫刻する際に複雑にしたり簡単なものであったりと様々になります。そのため、それぞれの印鑑によって値段にも違いがあり、安いものから高いものまで千差万別になります。印鑑は使用頻度が高いものから低いもの、仕事で使うのかプライベートで使用するのかによっても、選ぶべきポイントに違いができてきます。プライベートで認印として使用するには安いものでも問題ありませんが、大きな契約などの際に実印を押す際には、安全性の高いものが求められることもあり、種類による値段を知っておくことが必要になります。

どのようにして印鑑の値段は決まるのか

印鑑を作るときに注意したいのが値段になりますが、様々な要素によって変化があります。それらの要素とポイントになるものは、大きさと印材になります。大きさは大きくなればなるほど、基本的に値段は高額になります。それには姓または名のみの彫刻か姓名の彫刻か、これにより印材の径の太さが変わってきます。姓または名のみを彫刻するだけであれば、それほど印材の太さは必要ありませんが、姓名を彫るのであればその分の空間が必要となるため印材は太くなります。印材が太くなればその分の材料費がかかるため、値段も高くなります。また印材の種類によっても値段に大きな違いが出ることになり、象牙などの高級品やプラスチックなどの安価な印材では、その価値の差はとても大きいものになり値段の差も大きなものになります。

種類によってどのくらいの相場なのか

認印などそれほど重要ではない印鑑の場合には、安いものでも十分であったりするため100円均一で100円のものを購入して使用することもありますが、実印ではそうもいきません。実印を作る場合には主に、店舗で購入する方法とネット通販で購入する方法の二通りになります。ネット通販で購入すると安い値段で手に入れることができますが、手触りなどがわからないため注意が必要になります。ネット通販の相場は使用する印材によっても違いますが、15mmのもので4000円から20000円、16.5mmのものでは5000円から23000円ほどを見ておくようにしましょう。また店舗販売の場合にはネット通販で購入するよりは割高になりますが、手触りを調べることができたり安心感が違います。